ほんのちょっとのことで結果が変わる(のか?)

日曜だし、なんてことはないことをサッと書いてカートづくりに励みます。
ミントだとどんどん増えて始末に負えないくらいになるのに、この日本ハッカは、暑いとこ嫌い、日陰嫌い、でも日向も嫌い、じめじめしたとこ嫌い、でもパッサパサは嫌い・・・と、ものすごくワガママ。
その上アレロパシーも大して強くないので虫に食われるし雑草もバンバン間に入って生えます。
ハッカは毎年、一回目の草刈りの後に芽を出すのですが、そのタイミングが絶妙だったのかも。今年はどうなっちゃうんだろう・・・と思うくらい、ハッカの地に雑草が生えていても、それを刈るとそれこそ「わーっ」っと芽を出すんです。
これがもし草刈りをしなかったら、初めに生えた雑草にやられてハッカはなくなってしまうでしょう。
紙一重の差でこういった植物が種を残すことができるんだなあ・・・と思います。
先日見つけたタマムシかどうかはわかりませんが、でっかいクモにタマムシが捕まってしまっています。
「あ”〜〜〜〜っ」って感じ。きれいな虫も汚い虫もクモには関係ないですからね。
そういった僕も、もちろん危険とは紙一重。空から隕石が振ってくるかもしれないし、クルマが突っ込んでくるかもしれないし、自分で事故を起こすかもしれれない。
いろいろ気をつけて行きましょう! きょうはとりとめもなくこれでおしまい。さようなら。
ゆるく関連しているほかの記事:

薄荷とミント
島地区の絶滅危惧種日本薄荷
日本ハッカその後
今年の日本ハッカの様子(花が咲きました)
島地区の絶滅危惧種、野生のハッカは今年も花盛り
野生のハッカ、今年も芽を出した!(大場町島地区絶滅危惧種)

出典:http://oba-shima.mito-city.com/2017/08/06/kekka/

Tagged on: